何が違うの?婚約指輪と結婚指輪

何が違うの?婚約指輪と結婚指輪

「婚約」は、それは大変めでたいことです。婚約指輪はその証として大きな記念にもなります。しかし、結婚指輪とは何が違うのでしょうか?

サイトトップ > 婚約指輪の相場

スポンサードリンク

何が違うの?婚約指輪と結婚指輪

婚約指輪の相場


さて、二人が納得できる婚約・結婚指輪の相場はどの程度なのでしょう?もちろん、他人は他人、自分は自分ですから気にしなくてもいいのですが、それでもやっぱり平均値ぐらいは気になるものです。


プロポーズが成功して、それから彼女と二人で婚約指輪を買いに行くのはいいのですが、その時に販売員に対して「平均価格はどのくらいですか?」などとは聞けないでしょう。普段、まずは行き慣れていないジュエリーショップに行くのですからなお更でしょう。


ちょっと前のデータですが、「ゼクシイ結婚トレンド調査2008 首都圏版」をもとにしてみると、「2005年の平均が38.7万円、2008年の平均が37.4万円」となっており、このあたりが婚約指輪の平均価格だと考えればいいでしょう。


この値段の感じ方は、年齢、収入によっても違いがあるわけですが、ちなみにこの調査対象の平均像は、男性の平均年齢が29.9才で、約8割が会社員、平均年収は4,816,000円なのだそうです。あくまで単なる平均数字ですが、これから換算すると、男性は年収のだいたい7~8%を婚約指輪の代金にしているということになります。


随分昔のことですが、かつてダイヤモンドの広告で「婚約指輪は給料の3ヶ月分」というコピーがありました。そのコピーは伝説化されていますが、どうやら3ヶ月分にとらわれている人は少ないようで、実際は記載した金額が平均となっています。ちなみに婚約指輪を買った90.5%がダイヤモンドであり、殆どを占めています。


何が違うの?婚約指輪と結婚指輪

MENU



スポンサードリンク