何が違うの?婚約指輪と結婚指輪

何が違うの?婚約指輪と結婚指輪

「婚約」は、それは大変めでたいことです。婚約指輪はその証として大きな記念にもなります。しかし、結婚指輪とは何が違うのでしょうか?

サイトトップ > 結婚指輪の考察

スポンサードリンク

何が違うの?婚約指輪と結婚指輪

結婚指輪の考察


次は結婚指輪についてです。これはマリッジリングとも呼ばれています。結婚式において二人が交換するのが結婚指輪です。従ってペアの指輪であり、一般的にはプラチナ、金でできたシンプルなタイプとなっています。


結婚後は、殆どの人が日常的にはめて生活することになるので、既婚者の目印にもなっています。よく、「あの人は左薬指に指輪をしているので妻帯者だ」などと言うと思います。従って、結婚指輪には「二人の誓いの証」としての意味と、「私は結婚しています」と知ってもらうための印の意味もあるのです。


これもしばしば聞く話ですが、ある男性が飲み会などでつい独身に思われたくて指輪を外しておき、跡からポケットに手を入れても指輪がない!どうしよう、えらいことになる、というような顛末です。こうして男性が慌てているシーンはドラマなどでよく見ると思います。その指輪こそまさに結婚指輪なのです。


結婚指輪の方が1本あたりの価格が婚約指輪よりも、大抵の場合は手頃になっていて、平均して大体10万円あたりが相場になっているようです。これで、婚約指輪と結婚指輪の違いがおおよそわかったと思いますが、先に用意する必要があるのは、もちろん婚約指輪の方です。


婚約指輪を渡すタイミングは、特に決まりがあるわけではないですが、例えば結納、両家の顔合わせの時などが多いのかもしれません。実施時期の目安は、結婚式の半年前あたりです。「双方の家族の前でお披露目したい」という意味もありますし、この方が二人で落ち着いて婚約指輪を選ぶこともできます。結婚指輪の方は結婚式の時に使うとはっきりしています。


何が違うの?婚約指輪と結婚指輪

MENU



スポンサードリンク