何が違うの?婚約指輪と結婚指輪

何が違うの?婚約指輪と結婚指輪

「婚約」は、それは大変めでたいことです。婚約指輪はその証として大きな記念にもなります。しかし、結婚指輪とは何が違うのでしょうか?

サイトトップ > 婚約指輪と結婚指輪

スポンサードリンク

何が違うの?婚約指輪と結婚指輪

婚約指輪と結婚指輪


めでたく婚約!それはめでたいことです。しかし、考えてみればまずはプロポーズがあるわけです。結婚を前提として付き合っている彼女にプロポーズをするわけですが、そのメインはどんな言葉を彼女に捧げるのか、となるでしょう。


そして、もうひとつプロポーズの際に欠かせないのが、婚約指輪!そうエンゲージリングです。このエンゲージリングを差し出しながらプロポーズしている光景と言うのは、まさに定番中の定番です。それはそれで大変な経験ですが、二人で仲良く指輪を買いに出かけるという人もいるでしょう。


さて、そこで「婚約指輪と結婚指輪は違うものなの?」という疑問かもしれません。これは男性の方が案外知らないことが多いのです。女性からすれば驚きの台詞かもしれません。そんな困った男性には婚約・結婚指輪の基本をしっかり知っておいてもらいたいと思います。


ちなみに結婚時に用意するべき指輪は2種類あるということで、それが婚約指輪と結婚指輪です。婚約指輪は、結婚の約束をした二人がいて、男性側から女性に対して贈る指輪です。その名の通りに婚約の証であり、記念となる存在意義から、やはりダイヤモンドなど高価な特別感のある、かつ純潔な石を選ぶのが一般的です。


婚約指輪は普段つける目的というより、パーティー、式典などで利用するようなゴージャスで華やかなタイプ(デザイン)となっています。


それに対して結婚指輪とはペアリングです。結婚式において、二人が誓いの証として交す指輪です。これは結婚して夫婦となった後も、殆どの場合は日常的に薬指にはめたままにしていることが前提になるので、飾りが控えめ、シンプルなものが一般的で。


何が違うの?婚約指輪と結婚指輪

MENU



スポンサードリンク